海外

5月30日からイギリスで新たなビザ制度が開始されるという。

 

これは、世界トップクラスの大学卒業者に対して、

 

2〜3年の居住許可が与えられるというもの。

 

高い潜在能力を活かし、自由に雇用主を変えたり、自身で事業を始めることも可能だという。

 

報道によれば、世界ランキングトップ50位以内の大学卒業者が対象になるようだ。

 

他国の大学卒業者に、ジョブオファーなしでビザが与えられるのは世界的に見ても異例であり、

 

海外移住者やそれを望む人の間で大きな話題になっているようだ。

 

この制度で、ビザが付与されるのは、

 

世界ランキングで50位以内の大学卒業者だ。

 

以下3つの世界の大学ランキングのうち、少なくとも2つで50位以内にランクインしている必要がある。学部は問わない。

 

さらに、以下4つの条件が追加される。

  1. 申請から5年以内に大学を卒業していなければならない
  2. 世界ランキングは、卒業した年のものを参照する
  3. 英語を除く言語で学位を取得している場合は、認定された英語試験でB1レベルの合格が必要
  4. 1270ポンド(約21万円)の預金がある(海外から入国許可を申請する場合)

 

3のB1レベルは英検でいうと2級から準1級程度だ。

学士号、または修士号を取得した卒業生には2年間のビザが、

 

博士号、または博士レベルの資格を持つ卒業生には3年間のビザが付与される。

 

イギリス政府は昨年発表した「イノベーション戦略」のなかで、

 

「2035年までにイギリスをイノベーションのグローバルハブにすること」をビジョンとしている。

 

 

 

オランダにも似たようなビザ制度が存在している。

 

世界の大学ランキングで200位以内の大学卒業者に1年間の居住許可が与えられる。

参照しているランキングはイギリスとまったく同様で、

 

3つのうち2つで200位以内にランクインしている必要がある。

 

卒業・修了日、または博士号取得日のランキングを対象とする。

 

 

 

アメリカでは、他国に暮らしながらアメリカ企業に所属する「テレマイグランツ(デジタル移民)」の流れが加速しているという。

 

デジタル移民の流れはアメリカ以外でも見られる。

 

ただし、時差が大きすぎると円滑なコミュニケーションが困難になる。

 

日本とアメリカでは半日ほどの時差があり、

 

日本からのデジタル移民は現状難しいことが多いと思う。

 

 

 

 

 

世界は変化し続けている。

 

一生懸命勉強して

 

国内のいい大学に進学して・・・・・

 

様々な認識をアップデートする必要があると思う。

コメントを残す

前の記事

コツコツと

次の記事

読書のすゝめ