決断

帝国ホテルの総料理長も務めた村上信夫さんが、

まだ30代のある日、

同ホテルの社長に呼ばれた。

「フランスに留学しないか

との打診に、

村上さんは「行かせていただきます」と即答した。

「奥さんに話さなくていいのか?」と驚く社長に、

「説得します」と宣言し、

留学が決まった。

実は、その前に8人の先輩が打診されたが、

皆、「家族と相談します」

とためらったらしい。

信頼する人に助言を求めたり、

環境に応じた賢明な判断は大事だが、

人生を左右する一大事に

「まず行く!」

と決断できた心意気が、

村上さんの未来を大きく開いたことは間違いない。

 

できるか、できないかと考えているうちは、

勝利はおぼつかない。

 

やるか、やらないかである。

 

やると決めて、

思いきって飛び込んでみるのだ。

 

できるか、できないかは、

その後から考えればいい。

 

 

前の記事

さびるということ

次の記事

浦和一女音楽部演奏会