水泳

小学校のときの水泳の思い出といえば・・・・・

 

冷たすぎた「地獄のシャワー」

 

こちらもキンキンに冷えた「地獄の水風呂」こと腰洗い槽。

 

クラスみんなでぐるぐる回った「流れるプール」

 

泳ぐ練習はあまり記憶に残っていない。

 

だからだろうか、小6まで25メートルを泳げなかった・・・・

 

転機になったのは、小6の夏休み。

 

泳げない人が特訓する機会があったのだ。

 

親が転勤族だったので、私は小6で転校をした。

 

前の学校ではそんな特訓はなかった。

 

だからうれしくて、楽しく通ったのを覚えている。

 

これで泳げるようになれるかも、と淡い期待を抱きながら

 

毎回休まず通った。

 

今でも覚えているけど、特訓に付き合ってくれた先生は

 

ものすごくいい先生だった。

 

教え方がうまい。

 

ほめ方もうまい。

 

だから、ひと夏で泳げるようになった。

 

この経験は、今でも私の学習指導の根底にある。

 

「やればできる」ということだ。

 

 

 

 

 

先日、新聞に目を通していると、

 

埼玉県志木市という言葉が目に飛び込んできた。

 

見てみると、市内すべての小学校のプールが

 

民間のスイミングスクールで行うということだ。

 

1昨年から、実施を始め、少しずつ実施校を増やしてきていた。

 

室内温水プールだから

 

5月から2月まで実施するということだ。

 

インストラクターもしっかりとついてくれるから

 

泳ぎも上達しやすいだろう。

 

かつての私のように泳げない人は

 

泳げるようになるチャンスかもしれない。

市内全小学校の水泳を民間に 年間通じて実施、負担軽減

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

前の記事

叡知の輝き

次の記事