気持ちがこもったもの

その昔、北国では綿はとても貴重な素材だった。

 

そこで農閑期には、女性たちが古い着物などを、

 

ひも状に細く裂いて横糸とし、縦に張った糸と織り合わせて、

 

衣服やこたつ掛けなどの生活用品へと再生させた。

 

今も残る「裂織」という機織りの技法である。

 

この技法を伝承する女性はこう語る。

 

「手間暇を掛けてこしらえた衣服が丈夫で暖かいのは、

 

手仕事の丁寧さ以上に、家族を思う母の愛情のおかげでしょう」と。

 

確かに、手編みのセーターやマフラーは暖かい。

 

 

 

学習でも同様だ。

 

様々な学習教材が巷にあふれている。

 

解ききれないほどの大量の教材に囲まれている人もいるだろう。

 

立派な表紙を付けた塾オリジナルのテキストだってある。

 

しかし、一人の生徒のことを考えて作られた教材は、

 

プリントであれ本であれ

 

手書きであれPC作であれ、

 

どんなものにも勝るものだと私は思っている。

 

同様に、一人と真剣に向かい合う進路指導と激励も

 

冷めた心を熱くさせる。

 

そんな面談ができるようになりたいと

 

ずっと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

話は変わって、動物の話。

 

 

写真の説明はありません。

 

写真は動画と違って瞬間をとらえたものだけれども、

 

一枚の写真は

 

物語を凝縮できるって

 

つくづく思う。

前の記事

キセキ

次の記事

学歴と賃金