親心

「僕が母のことを 考えている時間よりも

母が僕のことを 考えている時間の方が

きっと長いと思う。」

だいぶ前の、ある広告のコピーに

こんなのがあったと思う。

 

「親思ふ こころにまさる 親ごころ」

と吉田松陰は詠んだが、

子を思う母の心の深さは計り知れない。

 

今は

まだ親の心が分からなくても、

いつか分かる日が来る。

 

私は

他人だから

生徒たちに

教えてあげることができる。

親が子を思う気持ちが

どれほどのものなのかを。

 

お年頃ならば

親が子に言っても

反発してしまうかもしれないから。

 

この世の中で

もっとも

強い想いは

親が子を思う親心だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

笑顔

次の記事

猟師