未来を創造できる特権

1997年に自身が理事長を務める

 

「特定非営利活動法人 難民を助ける会(AAR)」が

 

主要メンバである「地雷禁止国際キャンペーン」が

 

ノーベル平和賞を共同受賞した、

 

長 有紀枝さん。

 

 

インタビューの中でこう語っていたのが印象的だ。

 

「『平和の定義って何?』って聞かれたら、

 

私は『明日の予定を立てられること』と答えます。

 

地雷原の周辺に住んでいる子達に

 

大人になった自分の絵を描いてごらんと言ったら

 

足のない絵を描くんです。

 

その子達にとって、大人になるとは

 

足がなくなることなのです。

 

そういう苦難に思いを馳せ、生き方を変えることも

 

平和の文化だと思います。

 

将来の計画を立て、未来を創造することは実はすごい特権です。

 

でもその貴重さにはなかなか気づけません。」

 

 

毎日の日常の中で忘れていたけれど

 

日本人は平和の中で暮らしているんだ。

 

だって

 

明日の予定を立てられるどころか

 

来年や10年後の予定も立てられるから。

 

 

 

長さんはこうも語っている。

 

「今世の中の判断基準が「損か得か」になっている気がします。

 

では人としてあるべき生き方とは何なのか。

 

私は得ではなく徳のある生き方が必要ではないかと思います。

 

それも人が困難に直面する中で見せた勇気とか希望に

 

私たちは心を打たれます。

 

どんな立場の人でも、お金がなくても、病気で動けなくても、

 

示すことができるそうした生き方の輝きは、必ず伝染するし、

 

影響力は大きいと思う。徳のある生き方をするためにも、

 

他者と繋がる心のスイッチを切らないで欲しいのです。

 

スイッチを切る=「私には関係ない」と思った瞬間に

 

全ての繋がりはシャットアウトされます。

 

反対にスイッチを入れる=「関係ないとは思わない」

 

のであればその時々にできることはあるし、

 

あるいはいつか何かができるできることが必ずあるはずです。」

 

 

 

 

予定を立てることができない人々がいる。

 

それを肝に銘ずるべきだと思う。

 

もうすぐ新しい年がやってくる。

 

自身の成長の予定を立てられることが

 

貴重であることを感じながら

 

来年の予定を立ててみたらどうだろうか。

 

予定通りに

 

進んでいくことができるのは

 

広い世界の中では

 

とても贅沢なことなのだから。