時代は変わる

埼玉県の公立高校の願書を見たことありますか。

今回は、変更があったのでその内容についてお伝えしますね。

 

以下の画像は埼玉県の公立高校の入学願書です。

上は令和2年度、つまり現中3のもの。

下は平成31年度、つまり現高1のもの。

昨年度のものと今年度のもの、よく見てください

違いが分かりますか?

 

↓令和2年度用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓平成31年度用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

 

 

性別欄がなくなっていることです。

 

 

 

 

 

 

 

心と体の性が一致しないトランスジェンダーなどの生徒に配慮したのですね。

 

今年1月の朝日新聞では、全国の都道府県が以下の状況でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横並びの意識もあるのでしょうから、今後ますます増えていくでしょう。

 

 

ところで、埼玉県の公立高校って、全国でも際立って男女別学校が多いですね。

 

旧ナンバースクールは男女別学。共学化は一度失敗しているのでもうムリですね。

 

 

 

素朴な疑問だけど、別学校では、願書など書類上はトランスジェンダー問題に対応していても、トイレの問題とか、実際の入学受け入れは対応できるのでしょうか?

 

前の記事

銀の匙