昨日と同じ今日はない

同じ一年間でも、

 

年を重ねるにしたがって、

 

だんだん短く感じるようになる。

 

なぜだろうか?

 

物理学者でもある科学作家の竹内薫氏によると

 

「年のせい」の部分もあるが、

 

それだけではないという。

 

「記憶に残るような出来事が減り、

 

毎日が記憶に残らない単調な繰り返しになる」と、

 

一年が短く感じられる。

 

 

 

 

反対に

 

「常に変化を求め、

 

新たなことに挑戦し、

 

人生に変化と彩りを添えている」人は、

 

年配になっても、一年が速くならないという。

 

千変万化の日々。

 

昨日と同じ今日はない。

 

きょうも、挑戦の気概で進みたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話題は変わって高校説明会の話。

 

8/9(火)にウエスタ川越で川越女子高校の説明会が開催される。

 

うちの卒塾生の1年生が

 

英語劇部として出るそうだ。

 

学校開催ではないのだが、

 

川女の魅力がきっと伝わってくると思う。

 

参加予定者は楽しみにしていてほしい。

 

 

 

コメントを残す

前の記事

限界の壁を超える勇気

次の記事

志が人をつくる