映画

昨日の小学生の授業で、

 

「チャップリンって?」って質問された。

 

今までに聞いたことがないと言っていた。

 

その生徒に、ノートパソコンで検索した

 

1977年、今から44年前に亡くなった世界の喜劇王の画像をみせた。

 

 

 

 

 

 

チャップリンと言えば、彼の作品を解説していた映画評論家が頭に浮かぶ。

 

チャップリンをこよなく愛した映画評論家の淀川長治さんは

 

希望です。映画から学んだものを、ひとことで言えば希望です」とよく語っていたという。

 

死や不安を恐れていては何もできない人生になってしまう。

 

どんな逆境にも絶望しないことを映画が教えてくれたという。

 

八十九歳で永眠するまで、銀幕に惜しみない愛を寄せた。

 

淀川さんには、ある日課があった。

 

毎日手帳を開き、過ぎ去ったその日に赤線を引くこと。

 

今日が人生最後の日」との思いで生きた、ひとつの儀式。

 

ゴールを見すえないと全力疾走できないように、

 

死を覚悟することで、淀川さんは精一杯、生きた。

 

映画のスクリーンには、もともと何もない。

 

数時間の物語が浮かんでは消える。

 

どんな映画にも必ずエンドマークが出る。

 

限りある物語という点では、人の一生も同じである。

 

我が人生を映画にたとえれば、

 

どれだけ自分らしく、

 

人に希望や満足感を与える日々を演じているだろうか。

 

 

 

 

チャップリンのの名作『ライムライト』にこんな言葉がある。

 

死と同じように避けられないもの。それは生きることだ

 

悔いなき一日を積み重ね、一生を充実のなかで劇のごとく生き抜きたい。

 

少年老い易く学成り難し、なのだから。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

打席

次の記事

変化