日々、前進

今年は日本画の大家の故平山郁夫画伯の生誕90年の年である。

 

絵筆を執らない日は、ほとんどなかったという。

 

「大家」と称されてなお「日々、前進」を自らに課す“芸術家魂”。

 

それを身をもって教えたのが師匠の前田青邨氏だった。

 

 

平山画伯が高松塚古墳の壁画模写に携わった時、

 

前田氏が総監修を務めた。

 

当時88歳。

 

体調は思わしくなかった。

 

が、7カ月間、毎日のように作業場へ。

 

壁画のある石室内は、

 

保存薬剤が散布されていた。

 

周囲も「体に良くない」と。

 

しかし、実物を見ずして監修などできないと、

 

じっと壁画に眼を凝らす。

 

命懸けの師の気迫は、

 

平山画伯の人生に大きな力を与えた。

 

師の決死の覚悟を、

 

弟子が心に刻み飛躍を誓う。

 

 

 

私もまだまだ成長していく。

 

学ぶ姿を生徒たちに見せよう。

 

 

 

保護者の方も

 

読書する姿

 

学習する姿

 

ご家庭で見せてほしい。

 

その姿こそが何ものにも代えがたい

 

子どもへのメッセージになるのだから。

 

 

 

 

 

さて、話は変わって、身長の話。

 

800万円で15cm伸ばすとのこと。

 

身長が金で買えるようになったのかな。

https://forbesjapan.com/articles/detail/33628?fbclid=IwAR1XMN9NBPhpJB5QaLcP7CgPnRWYPykBhWpcq3JcCZyb1u3GQc9koq_uemQ

前の記事

当事者意識

次の記事

勉強体力