数字にするから分かることもある

人生百年時代。

 

ならば人の命はおよそ36500日。

 

今40歳のお父さんお母さんは残り21900日。

 

 

現在小学校3年生の子どもが大学卒業と同時に

 

独立するとしたら

 

家族が一緒の家に住んでいられるのは

 

残りあと4745日。

 

 

年間の週末は52回。

 

中学生以上になると

 

部活動とかあって

 

家族で出かける機会が少なくなってしまう。

 

現在小3の子が小学校卒業までの週末の日数は合計で330日ほど。

 

この中で家族そろって行動できる日はどれくらいあるのだろうか。

 

 

 

人生の時間は思いのほか短く感じませんか。

 

こういうのは

 

子どもにこそ伝えたほうがいい。

 

大人は分かっているから。

 

 

 

でも、親が言っても

 

反発されたり

 

スルーされたりすることもあるだろう。

 

だから、私が生徒たちに教えてあげようと思う。

 

 

 

 

 

数字だからこそ伝わる思いってありますよね。

前の記事

スクリーンタイム

次の記事

廃校