教え子

名作と呼ばれる映画のタイトルを並べては、

 

「あ、あれ俺の作品」

 

「あの作品も俺」と、

 

誇らしげに言う人がいた。

 

 

声の主は、舞台セットで使う木を用意した植木職人だった。

 

それを聞いた脚本家の山田太一さんは感動し、

 

 

「自分の作品も

 

 

いつかこの植木屋さんの自慢の一つになりたい」と願った。

 

 

原作者や脚本家だけでなく、

 

役者やスタッフ、

 

さらに裏方の人までが、

 

 

“あれは私が作った”と誇りにする作品は、

 

 

名作に違いない。

 

 

 

 

塾の先生だって、

 

 

自分が情熱を注ぎ、

 

鍛え上げてきた生徒たちのことを

 

「あの子は私の教え子です。」

 

胸を張ってそう言いたい。

 

 

 

キミの人生に幸あれと。

 

人生の踏ん張りどころで

 

キミと共有できたこの時間を

 

思いだしてもらえるのならば

 

講師冥利に尽きるってものだ。

次の記事

枯山水