捉え方

子どもたちには原石だ。

 

磨かれていない秘めたる才能が眠っている。

 

どんな才能が眠っているのか、それは磨いてみなければわからない。

 

自分の才能と向かい合うチャンスに巡り合わない人もいるだろう。

 

チャンスが来たけれど、それをものにできない人もいるだろう。

 

 

 

版画家の棟方志功が無名だった頃、青森の地元紙に、

 

氏の作品が紹介された。

 

文化欄に掲載された記事はわずか「5行」だけ。

 

だが、それを読んで感激し、東京に出る決意を固めたと、

 

氏は後年の手記につづっている。

 

“わずか5行”と思えば、“世界のムナカタ”は、

 

生まれなかったかもしれない。

 

一つの出来事も、

 

その捉え方いかんによって人生は大きく変わっていく。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話題は変わってSSHの話。

 

文部科学省と科学技術振興機構は、

 

令和3年8月20日(金)に、

 

「令和3年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会(第2部)」

 

をオンラインで開催し、

 

第1部(8月4日・5日開催)のポスター発表で

 

特に優秀な評価を受けた代表校が全体発表を行い、

 

各参加校から質疑が行われました。

 

どの学校もすばらしい発表でしたが、

 

審査の結果、学校法人奈良学園奈良学園中学校・高等学校に

 

文部科学大臣表彰を授与するなどしました。

 

■文部科学大臣表彰(1校)
学校法人奈良学園 奈良学園中学校・高等学校

 

■国立研究開発法人科学技術振興機構理事長賞(2校)
長崎県立大村高等学校
学校法人静岡理工科大学 静岡北中学校・高等学校

 

■審査委員長賞(3校)
山梨県立甲府南高等学校
香川県立観音寺第一高等学校
東京都立科学技術高等学校

 

 

埼玉県内では

 

浦和一女

川越女子

市立大宮北

熊谷

不動岡

松山

越谷北

熊谷西

春日部

 

以上9校が指定されている。

 

すべて公立高校だ。

 

SSHに興味がある人は以下のリンクをご覧あれ。

 

https://www.jst.go.jp/cpse/ssh/index.html

コメントを残す

前の記事

メダルや合格の価値

次の記事

骨折