挑戦

2016年6月28日、肩書きとしてのお笑い芸人引退を宣言。

 

以降は絵本作家として活動しています。

 

原作脚本製作総指揮を手がけた公開中の映画「えんとつ町のプペル」は

 

日本アカデミー賞の優秀アニメーション作品賞を受賞しました。

 

誰のことだかおわかりでしょうか。

 

 

 

答えは、西野亮廣氏のことです。

 

彼の創作活動などについて語らうオンラインサロンには

 

国内最多の会員が在籍しています。

 

西野亮廣氏は、

 

お客さんが見たいのは

 

勝ちパターンをずっとなぞっている人ではなくて、

 

挑戦している人なんです

 

と語っていたのが印象的です。

 

レールに乗った生き方や

 

安定していて代り映えのない人生よりも

 

挑戦の人生がいいと考えている人が

 

世の中にはたくさんいるということでしょう。

 

 

 

人の心を動かすのは

 

成功者の弁よりも

 

挑み続ける「熱」なのですね。

 

 

 

行動パターンをはじめ、

 

様々な変化が求められる今は

 

挑戦の時代ともいえます。

 

今週から新学年、

 

はじまりの時。

 

挑戦する未来の宝に心からのエールを送ります。

 

 

 

 

 

 

さて、話題は変わってニュースの話。

 

ヤングケアラーという言葉を聞いたことがありますか。

 

家族の介護などを行う子どものことです。

 

埼玉県のことを取り上げたニュースなので

 

以下読んでみてください。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210406/k10012958281000.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

相手のことを考える

次の記事

成長