指先の油

定時制の工業高校に勤務する青年教師が試験用紙を配っていると、

 

一人の生徒の指先に油が付いていた。

 

昼間は町工場で汗し、

 

夜学に通う真摯な姿に胸を打たれた教師は、

 

“自分も真剣に学び直そう”と大学院に進んだ。

 

この、かつての青年教師が、

 

5年前にノーベル医学生理学賞を授賞した大村智さんである。

 

小さなきっかけが、人生を大きく変える。

 

地道な微生物の研究を重ね、

 

何億人もの命を救う成果を生んだ大村さんの人生も、そうだった。

 

 

 

備中松山藩で財政改革を主導した山田方谷の言葉

 

「至誠惻怛(しせいそくだつ)」を座右の銘としている。

 

その意味は「誠意を尽くし人を思いやる心」。

 

ノーベル賞受賞を記念して母校山梨大に整備された「大村智記念学術館」に文字を刻んだ石碑を建立している。

 

 

 

 

あの出会い、あの言葉が私を変えた――そういえる努力を積み重ねる中に、人生の幸福と勝利がある。

 

さあ、明日からも、生徒たちに、誠意を尽くして思いやりの心を持って接していこう。

 

 

 

 

 

 

さて、調べ学習の話。

 

文部科学大臣賞受賞作品。

 

これはすごい。

 

しかも小4!

 

ご覧あれ。

https://concours.toshokan.or.jp/wp-content/uploads/contest-data/230002/?fbclid=IwAR2LwlAKm3NR27oMBkgHJmearb3fhbYuP8BC2A9veN2lXJRAAAEY38-h2wQ#p=1

 

 

 

 

前の記事

水底

次の記事

一寸の光陰軽んずべからず