投書のススメ

環境に関するスピーチをした16歳の少女がいろいろと注目されている。

 

賛否両論あるのはさておき、

 

ああいう経験は

 

社会で暮らしているっていう

 

当事者意識を高めるし

 

意識が行動を変え

 

行動が人生を変えることだってある。

 

 

 

ああいう場で自分の意見を述べる機会って

 

中々巡ってくるものではない。

 

形態は大きく違うのだが、

 

新聞の投書だったら、

 

採用されるかどうかは別にして、

 

いつでも

 

だれでも

 

広く多くの人たちに

 

自分の考えを伝えることができる。

 

 

 

自分の意見を発表するって

 

勇気のいることだけど

 

自分を成長させてくれる

 

とても良いトレーニング。

 

まずは自分の考えが持てるし、

 

伝え方も考える。

 

学力だって伸びないわけがないだろう。

 

 

 

 

 

 

学校で新聞投書に取り組む例はよくある。

 

昔、

 

川越市内のある中学校が

 

新聞の投書に

 

取り組んでいた。

 

今も続いているかどうかは分からない。

 

でも、

 

それに一生懸命取り組んでいた生徒たちは

 

当然のことながら、

 

文章作成能力、思考力、言語能力、問題意識など

 

高いレベルだった。

 

 

 

そういえば、

 

このリンク先見てほしい。

http://www.thats.pr.kyoto-u.ac.jp/2018/09/27/5740/

 

埼玉出身の京都大学の特色入試の合格者。

 

「・・・新聞の投書はよくしてました(笑)。高校の行き帰りにスマホで400字くらいに考えをまとめて・・・・」

 

受験にも当然役にたったことでしょう、

 

日常的にスマホで投書していたらね。

 

 

 

投書してみませんか。

 

何事も思い立ったが即実行です。

 

 

 

 

 

 

前の記事

アドバイス

次の記事

いまを生きる