成長

モンゴメリの名作『赤毛のアン』を初めて邦訳した村岡花子の生涯は、

 

かつてNHKでドラマにもなった。

 

戦時中の厳しい言論統制、最愛の息子の死……。

 

幾つもの苦難を乗り越え、

 

終生、翻訳家として人々に元気を送り続けた。

 

 

 

その胸には〝青春の原点〟があった。

 

女学校を卒業する時、恩師から送られた送別の言葉である。

 

「今から何十年後かに、

 

あなたがたが学校生活を思い出して、

 

あの時代が一番幸せだった、一番楽しかった、

 

と心底から感じるなら、

 

私はこの学校の教育が失敗だったと言わなければなりません」

 

 

 

 

「一番幸せ」だったのなら、

 

普通は「教育の成功」と考えたくなるところである。

 

どこまでも未来を見つめ、

 

成長し続けてほしい、との恩師の慈愛の発露だったのだろう。

 

『赤毛のアン』を生んだ作家のモンゴメリは、こう呼び掛けている。「人間は成長しなくちゃ」と。

 

 

 

 

どんな状況であっても、

 

今が人生の最前線、

 

ここを楽しんでみせるぞ

 

人生成長し続ける

 

そんな気持ちで今日も過ごしていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わってPISAの話。

 

経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査「PISA2018」

 

の結果によると、

 

日本の生徒(15歳)の読解力は15位となっている。

 

前回2009年の調査時の8位から

 

大幅に低下したことで

 

「PISAショック」と騒がれているが、

 

その原因として

 

コンピュータ形式のテスト(CBT方式)

 

に慣れていないことが指摘されている。

 

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92085_1.php

前の記事

ティーチング