怠るな

お釈迦様が臨終の床で、

 

最期に残した言葉がある。

 

「怠ることなく修行を完成なさい」

 

不断の精進をやめれば、

 

それまで積み重ねてきた意味が全くなくなる。

 

ゆえに「怠る」な!

 

この一言で、一代の説法を完結させた。

 

 

 

 

勝負に必要なのは――「消耗しない体力」。

 

羽生善治棋士がかつて語っていた。

 

このことはつい先日に紹介したばかりだ。

 

以下、再度紹介したい。

 

全神経を研ぎ澄まして、

 

一手一手、駒を進める将棋の戦い。

 

トップレベルの対局では、熾烈な攻防が何日も続く。

 

そこで大切なのは、

 

いかに長時間フレッシュな状態を保てるか。

 

集中力を持続できるか。

 

これが「消耗しない体力」

 

この力を磨くには

 

「やはり、対局を重ねることが一番」と羽生棋士は言う。

 

日ごろから、せっせと実戦を重ねる。

 

倦まず弛まず、

 

勝負に身を投じる中でこそ、

 

“本物の力”が培われるというのだ。

 

 

 

 

小中学生の学習や入試はパターンだ。

 

やりつくすことができる。

 

ただし、量は多い。

 

しかし、日々怠らずに取り組めば、やりつくすことができるのだ。

 

日頃から、本物の力を磨かなければいけない。

 

気がつけば、驚くほどの「体力」がついているから。

 

 

 

 

 

さて、話は変わって高校入試の話。

 

今年はまだ説明会に行くことができない受験生もいるのではないか。

 

学校選びが遅くなる懸念もある。

 

県教委のHPに

埼玉県公立高校web ~夢の方向性に合う学校を探そう!~

 

という公立高校の紹介動画のリンクを作っている。

 

ご覧あれ。

 

 

前の記事

実力不足

次の記事

前進