大きな志

東松山市にある有名な塾は何十台も停められるくらい広い駐車場がある。

 

 

送迎用とのこと。

 

 

市内だけでなく、遠方から通塾してくるのだろう。

 

 

すごい塾だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

近所の子たちを集めていた有名塾もある。

 

 

幕末期、明治維新の原動力となった人材を多く輩出した松下村塾(山口県・萩市)。

 

 

特徴的なのは塾生の大半が「近所に住む、ごく普通の少年」だったことだという。

 

 

高杉晋作、久坂玄瑞、木戸孝允、山県有朋も萩生まれの萩育ち。

 

 

松下村塾から半径約2キロの範囲内に住んでいた。

 

 

伊藤博文は、わずか数百メートルの近所だった。

 

 

決して長州藩の各地から精鋭を募って創設されたわけではなかったのだ。

 

 

多くの青年を一騎当千の逸材に育てた吉田松陰。

 

 

「志を立ててもって万事の源となす」との信念で若者を啓発した。

 

 

「時代を動かす」との大きな志を持たせることを重視したのだった。

 

 

『志』が『人』をつくる。大きな志は大きな人生をつくる。

 

 

 

 

 

うちの塾のように、できたばかりの小さな塾に入ってくれた生徒たちには縁を感じる。

 

 

近所に住む、ごく普通の生徒たちの志を作る助けになりたいと心底思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって面白い画像の紹介。

 

暑い日が続いているが、

 

暑いのは人間だけじゃない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

ココロのアンテナ

次の記事

水底