志望校選び②

突然ですが、クイズを出します。

小中高生や保護者の方は直感で答えてください。関係者の方はしっかりと当ててくださいね。

Q「次の5つの埼玉県立高校のうち、在校生の男子の割合が高い順に答えなさい」

1.川越南高校 2.所沢北高校 3.大宮高校 4.蕨高校 5.和光国際高校

 

 

 

分かりましたか?

 

では、正解です。

 

1位:所沢北高校54.4% 2位:大宮高校54.2%  3位:蕨高校48.8% 4位:川越南高校39.2% 5位:和光国際高校34.7%

いかがでしたか?和光国際高校男子335名に対し女子630名です!

 

アンコール?もう一問? では、もう一問だします!

Q「H26に文部科学省よりSPH(スーパープロフェッショナルハイスクール)の指定を受け、先進的な教育プログラムを開発してきた埼玉の学校は?」

 

 

分かりましたか?

 

 

では、正解です。

 

正解は、常盤(ときわ)高校です。5年一貫の看護師養成専門高校です。ちなみにこの学校の男子率は1.5%です。今年の修了生は全員3月の国家試験に合格!すばらしい実績ですね。

 

さて、クイズはここでおしまいです。問題作成の情報源をお伝えします。

県立高校各校が作成し、埼玉県教育委員会のHPで公開されているものですが、非常にわかりやすく有益なものです。

生徒数(男女別)、進路状況、顕著な活躍の部活動、特色ある学校行事など、受験生が知りたい情報を県立高校自身が書いていることが特徴です。残念ながら市立高校はありません。

もう一つ、「生徒の成長物語」という形式で、ここに入学したら3年間でこんなふうに成長できますよ、という指導者側からの指導方針メッセージです。学校ごとの個性の違いが認識できると思います。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「学校の活性化・特色化方針」一覧 【令和元年度公開版】

 

ついでにもうひとつ、

公立高校の入試日程や、選抜基準、募集人員などがあります。公立高校受検者は必見です。先日の川越女子の選抜基準はここからみつけました。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

令和2年度埼玉県公立高等学校入学者選抜に関する情報

 

いかがでしたか?2問とも当たった人はすごいですね。そうでない人は・・・・・上記サイトで情報収集をおススメします!

 

 

 

前の記事

志望校選び