廃校

日本全国合計すると、

一年間でおよそ500校の廃校が出ているそうだ。

十年間でおよそ5000校。

 

私のような

第二次ベビーブームの生まれの場合、

出生数は

現在の倍以上の

年間で200万人越えだった。

学校に入りきらなくて

新しい学校がどんどんと建設されていった時代でもあった。

当然、少人数学級なんて存在すらしていなかった。

1クラス40人以上は当たり前だった。

 

現在、学校数が足りていない

そんな地域はほとんどなくなってきているが、

私の育ったその当時は各地で学校不足・教室不足が起こっていた。

 

学校数の増加期から減少期へと突入して久しい。

活用されていない廃校もすでに各地に多数存在していて、

さらに年間500校ずつ増えていく。

 

私は小学校を一度転校している。

2校の小学校で学んだ。

うち1校は現在は廃校となっている。

地域のコミュニティーセンターに生まれ変わっているようだ。

毎年増えていく廃校の活用方法も

様々なアイデアが必要になってくるだろう。

放置しているなんて

モッタイナイ話だ。

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyosei/1422877.htm?fbclid=IwAR3hWdJlm18NhBM_xaJFGC2_Ns8Vhv9ygXosGubsNG0ZHxEtgieLJu949JM

 

次の記事

ゾウの母の愛