希望

イラク戦争のさなかの市民の実話を描いた絵本

 

『バスラの図書館員』。

 

主人公は、女性図書館員のアリア・ムハンマド・バクルさん。

 

アリアさんは戦争が始まると、

 

図書館の本を安全な場所に移してほしいと

 

当局に求めるが、拒否される。

 

そこで毎晩、自分の家や車に、

 

持てるだけの本を運び入れた。

 

やがて町に戦火が。

 

陣取っていた兵士も逃げ出し、

 

本を守るために残ったのは彼女たった一人だった。

 

だが、彼女はあきらめない。

 

自分たちの歴史と文化を守るために、

 

近所の人たちの協力も得て、

 

徹夜で本を運び出す。

 

その数、蔵書の7割にあたる3万冊にも。

 

“アリアさんはのぞみをすてません”

 

物語の終盤には、このような言葉が、

 

何度も繰り返される。

 

使命を感じた人は強い。

 

揺るがない。

 

その生き方の土台となるのは、

 

やはり“のぞみ”――希望だ。

 

 

 

 

この話には、後日談もある。

 

爆撃で燃えてしまった図書館だが、

 

その後無事に再建された。

 

3万冊の本は図書館に戻され、

 

新しい本も増えて、

 

アリアさんは、館長となったそうだ。

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって一枚の写真の紹介。

 

いいアイデアだと思いませんか。

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外

 

 

前の記事

半目

次の記事

お泊り