対話

10歳の少女が、

 

もじゃもじゃ頭のおじいさんから算数を教わっていた。

 

母親が恐縮していると、

 

老人は優しく語った。

 

「私はお嬢さんとお話をすることによって、

 

お嬢さんが私から学んだこと以上のことを学んだに違いない」

 

天才科学者アインシュタインにまつわる話だ。

 

彼は人と話すことで、

 

考えが整理されたという。

 

そのため、どんなに忙しい時でも、

 

身近にいる学生との対話に時間を割いた。

 

「語らい」は、天才科学者に不可欠なものだったのである。

 

何気ない会話の中で、

 

思いがけないアイデアや解決へのヒントを見いだした経験は、

 

誰にでもあろう。

 

特に自分とは地位や年齢や職業が全く違う相手との対話ほど、

 

予想外の触発を受ける場合が多いのでは。

 

対話は成長のチャンスである。

 

自身を見詰め、

 

視野を広げ、

 

思索を深める絶好の機会である。

 

「あの人と話しても……」と、自分から壁をつくっては、

 

せっかくの好機を逃してしまう。

 

尊敬の念をもって接するならば、誰からも学べ、友情も広がる。

 

澄み渡る秋空のような心で、真摯な語らいを広げたい。

 

 

 

 

 

さて、話は変わって一枚の写真の紹介。

 

アスリート2人が子猫を救出。

 

「何のために日々鍛えているかって?

 

そりゃあ、このときのためだよ」

 

そんな返事が返ってきそうだ。

 

ネコも助かってよかったね。

前の記事

チャンス到来

次の記事

聴くチカラ