孫悟空の力

休みの日、何気なくつけたテレビ。

見入るわけでもなく、授業の準備をしながらBGMのように流していただけだった。

ところが、テレビの出演者が語るエピソードに思わず胸が熱くなってしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ボクらの時代」という番組。

ゲストはアニメの声優の方たち。

 

 

 

アニメ「ドラゴンボール」の主人公、孫悟空の声の野沢雅子さんがアニメの力を語っていた。

『私、ある時に…2月だったんですね、それは。(ある)お父さんから手紙が来て、「もう息子は病気で2月いっぱい持ちません。『ドラゴンボール』が大好きだから、色紙にサインを頂けませんか?」って。

それで私、ミキサーさんに頼んで「ごめん、テープ撮ってくれる?」っていったら「分かりました」っていって。

で、「オッス!オラ悟空!」ってその子の名前呼んで、「ぜってえに来いよ。オラが劇場で待ってっからな!約束だぞ!」って。映画が8月(公開)なんですよ。』

 

 

 

半年後、野沢さんのもとに1通の手紙が届く。

『そしたらお父さんから手紙が来て、「息子が奇跡をおこして、見られました。本当にありがとうございました」って。

ベッドで(映画館に)行ったらしいんですよ。ベッドで行って…絶対に座ることできないんですって。そしたら「どうしてもイスに座って見る」っていって、イスを持ってきたら、イスに座って見てたんですって。

(映画を)見られて、帰ってきて、あくる日亡くなったんですって。

その時に、お医者さんのお手紙が一緒に添えてあったんですよ。

そしたら「僕たちは勉強して、それで人の命を少しでも永らえようとか、生きさせようとして勉強してやってるんだけど、それもできなくて。アニメの力って何なんでしょう?僕、思いしらされました」って。

ビックリしました、もう。「すごいな、このアニメの力って」…その時すごくそう感じたんですよね。』

 

 

 

頑張ったね、悟空に会えてよかったね・・・・・

 

 

 

人のキモチや想いってどれだけすごいものだろうか。

 

 

 

受験でも、最後に明暗を分けるのは、キモチや想い。「受かるんだ!」って。

昨日、消極的なこと言っていたうちの受験生。

言葉は言霊。キモチや想いが宿るんだ。

まずはキミの消極的なところを変えてみせる。

ぜったい変えてみせる。

なにせ、私はものすごく諦めが悪いですから。

前の記事

桃太郎は悪人なのか?

次の記事

10時間特訓開始!