季節

人生にも四季があり、好況と不況とはつねに付いてまわる」――

 

文豪・山本周五郎が書いた、

 

「人生の冬・自然の冬」と題するエッセーの一節だ。

 

 

自然に春夏秋冬の四季があるように、

 

人生にも厳冬を耐え忍ぶ日々があれば、

 

陽光に包まれた温かな春の時もある。

 

 

 

文豪は、

 

「転んでも転んでも起きあがってゆく人を見ると、

 

こちらまで勇気づけられる」 と記した。

 

目先の結果に一喜一憂するのではなく、

 

何があっても前を向いて進む。

 

その勇気の人は、周囲をも明るくしていく。

 

 

 

季節の春は自然に巡る。

 

だが受験生の春はそうではない。

 

転んでも転んでも起き上がる「不屈の一念」が、

 

受験生に春を呼ぶのである。

コメントを残す

前の記事

有志竟成

次の記事

狂愚となれ