嫌いなものから

アメリカ人は昔から食事のときに子どもにこう注意するそうだ。

 

嫌いなものから食べなさい

 

なぜそんなことを言うのか、理由を聞いて納得できた。

 

これは栄養バランスが偏るのを防ぐ工夫なのだ。

 

嫌いなものだけ残して「もう、おなか一杯」と言わないように、

 

嫌いなおかずを食べ終えてから好物に手をつけさせる。

 

なかなかうまい作戦だ。

 

この教えは「おばあちゃんの知恵」と呼ばれ、

 

アメリカ人の間に古くから流布しているそうだ。

 

 

 

さらに、行動科学的に見ても理にかなっている。

 

人間には、嫌いなことや苦手なことをあと回しにする傾向がある。

 

この行動原理を「プレマックの原理」と言う。

 

心理学者デイビッド・プレマックが見出したこの行動原理を、

 

アメリカのおばあちゃんたちは経験的に知っていたのだろう。

 

嫌いなおかずを食べるのは苦痛だが、

 

好きなおかずが待っていると思えば我慢できる。

 

「嫌いなものから食べなさい」というしつけは、

 

プレマックの原理を乗り越える知恵だったのです。

 

 

 

 

 

学習にも応用できそうだ。

 

まず①「やるべきことをリストアップ」して、

 

次に②「やりたい順に並べる」、

 

そして、③「やりたい順の最下位から手をつける」。

 

やっているうちにできるようになってくる。

 

できると楽しくなるものだ。

 

そうなってきたら、

 

だんだんと後回しにすることも

 

少なくなってくるかもしれない。

 

ぜひお試しあれ、

 

 

コメントを残す

前の記事

楽しむNew!!

次の記事

見えないということNew!!