始まった

中学入試がはじまり

 

大学入試がはじまり

 

来週から高校入試が始まります。

 

いや、正確に言うと高校入試はもう始まっています。

 

うちの塾からの通学圏内では

 

1校だけですが。

 

その学校のホームページでは

 

すでに合格発表がされていますので

 

すこし

 

合格発表をみる受験生のキモチを

 

味わってみませんか。

 

以下のリンク先に移動して

 

合格発表をクリックしてみてください。

 

その後、

 

「結果を見る」をクリックすると・・・・・

https://edu.g.hst.titech.ac.jp/

 

 

 

 

 

いかがでしたか。

 

受験番号と生年月日を入力しなければ

 

結果画面にはたどり着けませんが、

 

少しだけ

 

ドキドキしませんでしたか?

 

自分の受験した学校の合格発表は

 

物凄くドキドキしながら

 

クリックをすることになるのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

うちの塾でも

 

いよいよ受験生を

 

送り出す時期がやってきました。

 

 

 

受験指導をしていると

 

人は変化を嫌う生き物なのだと

 

つくづく思います。

 

ゲーム三昧

 

テレビ三昧

 

動画三昧

 

マンガ三昧

 

昼寝三昧

 

SNS三昧

 

などなど

 

ぬるま湯につかっているような

 

そんな日常から

 

なかなか出たくないのでしょうか。

 

 

 

 

私はこう思っています。

 

受験とは

 

いい学校に行くために

 

仕方なくやる苦行

 

ととらえるのではなく

 

純粋に

 

本人や家族にとっての

 

いい経験にできるものだと。

 

そんな気持ちで

 

受験をむかえることができたらいいと

 

心底思っています。

 

きれいごとや理想論に思えるかもしれませんが

 

多くの学校関係者の方、

 

そして受験を終えた親御さんたちと受験生たちが

 

本音で語ってくれた現実的な意見を

 

もとにした受験観です。

 

まだ受験がよく分からない人には

 

ピンとこないかもしれません。

 

でも

 

受験に真剣に向かい合えば

 

きっと理解できる日が来るはずです。

 

ある本を読んでいて

 

とてもいいなと思った言葉を紹介し

 

今日の結びとします。

 

 

 

 

 

 

受験「必笑」!

コメントを残す

前の記事

裏と表

次の記事

受験とは成長の場である