奇跡のレッスン

塾の先生にはテレビの番組の話題は通じないことが多い。

 

深夜に帰宅するので、見るとしてもその時間帯くらい。

 

いわゆるゴールデンタイムなどは完全に授業と重なる時間帯なのだ。

 

今日初めて知った番組がある。

 

「奇跡のレッスン」

 

NHKで放送、毎週木曜日の午後10:00~10:50。

 

2014年から放送しているからもう5年も続いているらしい。

 

しかし、まだ帰宅前の放送時間だ・・・・・

 

 

今週は以下の内容のようだ。

「最強コーチ」は、4年前のW杯で日本代表を指揮し、

世界を驚かせた、あのエディー・ジョーンズさんだ。

エディーさんが指導したのは、日本一を目指す都内の高校生たち。

僅か5日で、格上の大学生と勝負することになったが、課題は山積…。

「日本一の練習をした者だけが、日本一になれる!」。

そのポイントとは?名将、エディー・ジョーンズのコーチングの極意を見逃すな!

 

番組の制作意図は

「世界の一流指導者が子どもたちに1週間のレッスンを行い、

技術だけでなく心の変化まで呼び起こす。」

ってあった。

 

なんだかおもしろそうだ。

 

先生が見ると勉強にもなると思う。

 

 

しかし、

 

すこし

 

思うところもある。

 

 

ここで教えてもらったことは

 

レッスンが終わった後も

 

自分の力で実践すること

 

実践するだけでなく

 

改善することも必要になってくるだろう

 

 

 

小中学生を教えていて思うのは

 

短期的に成績を上げるのは

 

けっこう簡単なこと。

 

例えば中学生の定期テスト。

 

塾が主導して

 

ポイント解説授業とか

 

対策プリント配布とか

 

あとは過去問とか使って

 

徹底的にやってあげると

 

いい点数はとれる。

 

 

定期テストは年間で5回だけだから

 

 

年で5回は必死にやる。

 

 

でも

 

以前の投稿にも書いたけれど↓

正解を創りだすこと

 

それでは

 

自燃性の努力家」にはなれない、残念だけど。

 

感謝されると思うし

 

満足感も味わえるだろうけれど。

 

でも

 

高校で

 

運よく

 

同じような指導をしてくれる指導者や環境に

 

巡り合えなければ

 

その子は

 

悪い成績をとるんじゃないかな。

 

社会に出ても同じだろう。

 

 

 

話がそれましたが

 

別に番組自体は

 

とても面白いと思います。

 

見たことはないけれど。

前の記事

来年流行りの部活動は?

次の記事

宝島