大道をまっすぐ進め

『大漢和辞典』は、総計1万5000ページに及ぶ“世界最大の漢和辞典”として名高い

大漢和辞典 全15巻セット 別巻『語彙索引』付 | 諸橋轍次 |本 | 通販 | Amazon

 

ウィキペディアをみると

 

その制作過程は壮大なドラマのように書かれていて面白かった。

 

002_14_kokoku

大漢和辞典の予約募集を知らせる新聞広告も迫力あるものだ。

 

著者の諸橋轍次氏は基本に厳しい人だった。

 

辞書の命は正確さ。

 

掲載する語句は、全て原典にあたった。

 

他の本に引用された文をそのまま使うことは、決して許さなかった。

 

氏の座右の銘は「行くに径に由らず」(論語)。

 

“小道すなわち、近道や脇道ではなく、

 

大道を真っすぐ進め”との意味である。

 

この姿勢を貫き、“世紀の大辞典”を完成させた。

 

 

 

 

 

小中学生たちは、若い今こそ、

 

一生の土台を築く大切な時である。

 

強固な基盤のない建物はもろい。

 

飛行機も、助走があってこそ天高く飛翔できる。

 

人生も同様だ

 

近道を選ぼうとせず、勇んで困難に挑む。

 

自分に不向きだと思ったことでも、全力でやり遂げる。

 

そうやって、着実に“心の一剣”を磨いた人にこそ、

 

人生の栄冠は輝く。

 

辻本塾では本日から春期講習、ファイト!

コメントを残す

前の記事

曲がること

次の記事

SODATERU