大丈夫

「学校、大丈夫?」

 

「勉強、大丈夫?」

 

親は、つい子どもに聞いてしまう。

 

何げない一言だが、教育評論家の尾木直樹氏の指摘は手厳しい。

 

「『大丈夫?』という言葉はコミュニケーションでも何でもない。

 

きっと大丈夫に違いないという、大人の自己満足に過ぎない」と。

 

 

 

良い親子関係を築くためには、

 

〝子どもの目や表情を見ながら、具体的に質問することが大事〟と同氏。

 

そうやって初めて、子どもの心の中にあるものを引き出せる。

 

親子といっても、人格は別々。

 

あうんの呼吸で、意思が通じていると思わないほうがよい。

 

意識して、〝良質の対話〟を心掛ける必要があろう

 

その努力はまず、「子ども」への見方を改めることから始まる。

 

子どもは、未来を担い立つ、崇高な人格をもった、使命深き社会の宝だ。

 

決して、親の所有物などというとらえ方ではいけない。

 

向き合うだけの関係から一歩離れて、

 

「社会の中の子ども」

 

「未来をつくっていく子ども」へと視野を広げてみると、

 

子どもたちと関わる使命の深さが見えてくる。

 

掛ける言葉も、きっと変わってくるだろう。

 

 

 

 

こどもとこどもの関係においても同様だ。

 

友だちや先輩・後輩に対しても

 

良質な対話を心掛けたい。

 

 

 

前の記事

アウェイをホームに

次の記事

実績