変化は買ってでもしろ

マルコム・グラッドウェルの

 

「ある分野でプロのレベルで活躍するためには、

 

総計で1万時間の練習が必要である」という1万時間の法則に対して、

 

時間の分量よりも、回数が重要だという考え方を

 

糸井重里さんが紹介されていた。

 

 

「小さい変化を数多く重ねること」、このほうが、

 

総時間量で考えるよりも

 

「変わる=変化」の回数が多くなるという考え方。

 

「変化は買ってでもしろ」ということ。

 

生まれてくることも、死ぬことも「変化」、

 

ならば、変化しない人生は生きているとは言えない。

 

現状維持ではなく

 

よりよい未来を目指して

 

日々小さくてもいいから変化を重ねていくことが大切なんだ。

 

変化が全てだって。

 

進歩も成長も「変化」のひとつの表現形態ってことなんだって。

 

なるほど、その通りだ。

https://www.1101.com/home.html

前の記事

冬期講習前半終了

次の記事

足が細い