日々を懸命に生きれば、必ず“壁”にぶつかる。

 

その時、その壁とどう向き合うか。

 

それによって、

 

人生が決まってしまうといっても過言ではない。

 

 

 

 

独創的な作品が高く評価されている作曲家・野村誠氏。

 

彼はあるインタビューに、

 

「壁を探すのが最初の作業」と答えている。

 

“壁にぶつからないと何も創れない”

 

“どうやっても越えられない壁に出あえればチャンス”と。

 

 

 

「壁を探す」という行動には、

 

自分の可能性を追求し続けるなかでの、

 

強く、謙虚な姿勢がうかがえる。

 

自分は今、必死に壁を探しているか?

 

やすやすと乗り越えられるような“起伏”に満足して、

 

本当の“壁”には目をつぶっているのでは?――そんな思いにかられる。

 

 

 

 

がむしゃらに、必死に日々を過ごしていこう。

 

壁を見つけるのも「必死」なら、

 

破るのも「必死」。

 

その繰り返しにしか、真の成長はないのだから。

 

 

 

 

 

さて、話は変わるが、

 

コロナウィルスの発見は

 

今からわずか56年前のことだった。

 

1964年、電子顕微鏡を覗き込んだ

 

ジューン・アルメイダ氏が目にしたのは、

 

周囲を小さな突起に覆われた灰色の丸い粒子だった。・・・・・https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/042100253/?rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook&fbclid=IwAR3Qp8V0Z0ogdH5sWnrG0RUTp1Q2Mcl_WPTYvvMAiExgtCoH6tw7diy_k4w

前の記事

食べ物と本

次の記事

佐渡のトキに学ぶ