君は月夜に光り輝く

恋愛小説の類は

 

生涯読むことはないと

 

考えてきたのだが、

 

最近考えを改めて

 

試しに

 

読んでみた。

 

 

何事も

 

やってみなければ分からないからだ。

 

 

 

「君は月夜に光り輝く」というタイトル。

 

読み始めのときは、途中でよむのをやめようと

 

何度か考えた。

 

でも、ストーリーが進んでいくにつれて、

 

なかなか面白くて、

 

終盤には

 

だんだん胸が熱くなってきて

 

目から汗が流れてきた。

 

読まず嫌いだったけど、

 

たまにはこういうのもいいかもしれないと思った。

前の記事

カキン

次の記事

歴史は繰り返す