同じ高さの目線で

ご存じドラえもんは西暦2112年生まれなので、あと90年後に誕生する設定だ。

 

あと90年後の世の中がどうなっているか想像できない。

 

でも、2112年になっても、ドラえもんはみんなに愛され続けていると思う。

 

 

原作者は、ドラえもんの身長を129・3センチに設定した。

 

誕生日も、この数字に由来して決めた。

 

体重もこの数字だ。

 

なぜ、129.3cmという数字なのか。

 

漫画「ドラえもん」を子ども向け雑誌に連載し始めた当時、

 

のび太と同じ小学4年生の平均的な身長が、

 

この高さだった。

 

つまり、ドラえもんとのび太を“同じ目線”にしたかったのだ。

 

相手から見下ろされて、胸襟を開く人は少ないだろう。

 

うちの塾の教室は、学校と同じように

 

高い位置にホワイトボードや電子白板が設置されて、

 

先生は生徒たちよりも高い位置から授業をしている。

 

しかし、できるならば同じ目線に立ってこそ、信頼も生まれよう。

 

 

 

 

 

 

そこで、こんな改良を加えることにした。

 

オンライン授業用に高めの三脚を導入することにした。

 

最高165cm!

 

これを使うことで、私と同じ目線で授業を受けることができる。

 

迫力も違う。

 

生徒たちには予告をしていないけれど

 

オンライン授業で参加する生徒たちは

 

どんな感想を持つだろうか、今から楽しみだ。

 

 

コメントを残す

前の記事

怠るな

次の記事

胸突き八丁