同じ事実

アメリカの有名なジョークに

 

アフリカに靴を売りに行った営業マンの話があります。

 

ライバル同士の靴のメーカーに

 

AさんとBさんという2人の営業マンがいました。

 

それぞれのメーカーは、

 

アフリカの奥地に靴を売りに行く計画を立てました。

 

AさんとBさんが担当になりました。

 

ところが2人にとって予想外の状況が待ち受けていたのです。

 

何とアフリカの奥地の人たちは

 

みんな靴を履いていなかったのです。

 

それを見てAさんは急いで本社に報告しました。

 

「ここでは靴は売れません。だってみんな裸足なんですから。」と。

 

一方のBさんも現地の人たちをみて

 

急いで本社に連絡しました。

 

「至急ありったけの靴を送ってください。

 

ここでは誰も靴を履いていません。

 

この人たち全員が靴を買ってくれたら、

 

すごいことになります。」と。

 

同じ状況でもポジティブに捉えるか、

 

ネガティブに捉えるかによって

 

全く違う判断になります。

 

おそらく結果も違ってくるでしょう。

 

「未来は変えられる」と思うか

 

思うわないかによって

 

人間の取り組みは随分変わってくるのです。

 

自分が置かれた状況を「ピンチ」と捉えるか

 

「チャンス」と捉えるかは自分次第です。

 

前向きに捉えて取り組んでいきたいですね。

前の記事

サッカー

次の記事

日々0.2%だけ成長すると