受験勉強と習い事 どっちが大事

習い事の低年齢化はいまや当たり前のようになっている。

 

以前と比べて習い事の種類も多様化している。

 

 

 

中には極端に低年齢化が進んでいるものもある。

 

例えば、先日、フィギュアスケートのロシアのザギトワ選手が

 

15日に自身のインスタグラムで活動休止や引退を否定したが、

 

17歳の若さで世代交代を突きつけられている。

 

フィギュアスケートの世界では17歳で引退があり得るのだ。

 

これは極端な例かもしれないが。

 

 

しかし、幼少期から習い事を始める子は多いと感じている。

 

さらに、複数の習い事をやっている子も多くなっている。

 

毎日何かしらの教室に通う子も少なくないだろう。

 

その場合、いずれ直面するのが、「いつまで続ける?」という問題。

 

受験期までとか中学入学までとかが一般的だが、

 

中にはずっと継続している子もいる。

 

周囲の意見を参考にするだけではなく、

 

自分だけの問題として考えてみることがいいと思う。

 

答えは一つではないし、答えは作り出すものだと思う。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191213/k10012213531000.html