原点

第142回直木賞を受賞した白石一文氏は、

 

初の父子受賞として話題となった。

 

 

氏の小説家の原点は、

 

大学生の時のこと。

 

父の原稿をのぞき込み、

 

安易な批評をして一喝された。

 

「お前が書いてみろ!」

 

反省した氏は3日間の徹夜で、

 

200枚以上の原稿用紙を真っ黒に。

 

氏は「人間は自分単独では無に等しく、

 

他の人とのかかわりによって日々姿を変えていくもの」と語る。

 

 

 

「原点」と呼べる体験を持つ人は

 

幸せな人だ。

 

それをきっかけに、

 

自分が変わる体験ができるからだ。

 

 

 

自分にはそんな体験はない、

 

と思っている人がいるかもしれない。

 

でも、

 

今、向かい合うべき学習や仕事

 

から逃げずに、

 

精一杯やり切るならば、

 

それが「原点」になるはずだ。

 

 

 

 

 

「人間は自分単独では無に等しく、

 

他の人とのかかわりによって日々姿を変えていくもの」

 

 

 

 

叱咤激励ならば私がしよう。

 

やるべきことから目を背けずにいれば、

 

そんなことでも「原点」をつくるきっかけになるはずだから。

 

 

 

 

 

 

 

さて、話は変わって、詩の紹介。

 

これを読んだら、胸が熱くなった。

 

健やかに、

 

幸せに、

 

成長してほしいと切に願う。

 

 

前の記事

読書

次の記事

表裏一体