十二支

明けましておめでとうございます。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、今年の干支はトップの子(ねずみ)ですね。

 

干支では、ねずみのことを

 

鼠という漢字でなく、

 

子という漢字を用いますね。

 

これには理由があるのです。

 

中国最古の王朝である

 

殷(いん)の時代には既に十二支が使われていました。

 

これは約4000年前、日本は縄文時代のころの話です。

 

発掘された殷墟(殷の時代の遺跡)から見つかった甲骨文字には、

 

十二支の漢字のもととなった字が刻まれており、

 

循環する順序を表すのに用いられていたと考えられています。

 

子の次は丑、丑の次は寅、……、

 

亥の次は最初に戻って子、といった具合です。

 

特に1年の12カ月を表すのに用いられました。

 

殷の時代の十二支は動物とは対応していませんでした。

 

子の字にねずみという意味はなく、

 

単なる12個のうちの1番目という意味だったのです。

 

十二支に動物名が与えられたのは殷の時代から何百年も後、

 

戦国時代から漢の時代だと考えられています。

 

つまり、十二支の動物たちが先に決まっていて、

 

それを文字で表したのではなく、

 

「十二支の文字があってそこに動物の意味を後づけした」

 

のです。

 

動物を表す鼠のような別の漢字があるのはこのためなのです。

 

 

前の記事

今年最後の投稿