北辰テスト

高校入試が始まっています。

 

つまり中学2年生は入試まであと1年を切っている状況です。

 

今週から「北辰テスト」の申込が始まります。

 

対象は、現中2と現中1。

 

実施日は3月7日(日)となります。

 

今のところ会場実施の予定ですが、

 

状況次第で自宅受験に変更になるかもしれません。

 

北辰テストとは、北辰図書という会社が実施している模試です。

 

埼玉限定の模試なので、県外の人には知られていません。

 

この模試を知らない人もいるかもしれませんが、

 

現中2と現中1は受験するべきだと私は考えます。

 

どうしてかと言うと、まず1つに今までの復習ができるからです。

 

今までの定期テストだと、ほとんどの場合、

 

テスト範囲は前のテストから学習した範囲までです。

 

しかし、この北辰テストは学習した全範囲が出てきます。

 

また、北辰テストは埼玉県公立高校入試に似たような問題が出題されます。

 

今のうちから公立入試の問題の出題スタイルを把握でき、

 

またそれに沿った対策を早くから打てる訳です

 

もう一つの理由は、現在の学力を把握できることです。

 

北辰テストを受けると、結果とともに北辰偏差値が出てきます。

 

いろいろな業者テストがありますが、受験者の学力次第で、偏差値がまったく変わってしまいます。

 

川越高校を例にとると、

 

駿台テストという模試では偏差値50前半位ですが、

 

北辰テストでは60後半くらいです。

 

全く違いますね。

 

北辰テストは、高学力から低学力まで、まんべんなく受験者が集まります。

 

また、県内の多くの生徒が受験するので同じ志望校の人たちの中での位置がよく分かります。

 

だからこの北辰テストによって、志望校を絞り込むこともできるのです。

 

成績票には、自分の成績に合わせた公立、私立オススメの高校も掲載されます。

 

そもそも、志望校を具体的に考えていない人も多いと思います。

 

志望校探しの第一歩としても受験するべきです。

 

特に、今まで手を抜いてきてしまったと自覚している人には

 

現状をしっかりと把握するためにもオススメのテストです。

 

 

北辰テストは書店、インターネットでも受け付けております。

 

辻本塾でももちろん受け付けています。塾外生も申込できます。

 

明日から受付を開始するので、中学2年生の皆さんは、ぜひ受験してください。

 

申込締め切りは、2月15日(月)です。

http://www.hokushin-t.jp/

 

 

 

 

 

さて、話題は変わって面白い動画の紹介。

 

パンダの雪遊び。

 

https://www.facebook.com/nationalzoo/videos/289730496114009

 

 

 

前の記事

あきらめの悪さ

次の記事

公立高校入試