北海道の米作り

令和3年のコメ(水稲)の収穫量ランキングは以下の通りだ。

 

1 新潟県 620,000(トン)

2 北海道 573,700

3 秋田県 501,200

4 山形県 393,800

5 宮城県 353,400

6 茨城県 344,800

7 福島県 335,800

8 栃木県 300,900

9 千葉県 277,800

10 岩手県268,600

 

前年もほとんど変わらない。

 

 

今では米作りのさかんな北海道だが、

 

明治時代初期、冷涼な気候のため、

 

稲作は難しいと考えられていた。

 

これを覆したのが、

 

〝寒地稲作の父″とたたえられる北海道農業の先駆者・中山久蔵。

中山久蔵の肖像写真

 

「稲作は北海道では無理」という当時の常識に、

 

久蔵が挑戦を決意したのは42歳の時。

 

大阪出身で、農業は素人だった。

 

筆舌に尽くしがたい労苦を重ねた末、

 

北の大地に金色の稲穂を実らせた。

 

 

 

 

 

後に久蔵は語った。

 

「開拓使の役人から厳罰にするとも、

 

狂っているとも言われた。

 

しかし見るがいい。

 

こんなに稲作が、さかんになったではないか」と。

 

無洗米 北海道米3種食べ比べ | G-Call ショッピング

 

だれが何と言おうとも、

 

絶対に成し遂げてみせる――との「執念」が勝利をもたらした。

 

この挑戦するココロこそ

 

私たちは見習うべきだと強く思う。

 

 

コメントを残す

前の記事

音読健康法

次の記事

暑い