勉強し続けるという才能

作家の井上靖氏は自伝的小説の中で、

 

小学生時代、野山を駆け回る少年だったと記している。

 

しかし、一方、息子の修一さんが

 

叔父から聞いた話によると、

 

井上氏は座っていた畳がへこむほどの

 

勉強家だったという。

 

修一さん曰く、

 

父の井上氏は

 

「才能に恵まれて後に小説家になったのではなく、

 

才能はあったかもしれないが、

 

子供の頃からずっと勉強を続けた末、

 

幸運に恵まれて世に出たのである」

 

勉強し続けるということ自体、氏の才能の一つだったにちがいない。

 

才能は、人生において、どう花開き、

 

実を結ぶか分からない。

 

ゆえに、一時の成功や失敗をもって、

 

才能の有無を言うのは浅はかだろう。

 

大切なのは、誰でも才能が芽吹き成長する可能性の大地を、

 

自分の中に持っているということだ。

 

 

 

ちなみに、私の経験上、

 

受験で成功するための一番の才能は

 

井上氏のように

 

勉強をし続けることだと思っている。

前の記事

成功と成長