励ましの達人

「きょうは話を聞いてもらって元気になった」。

 

こうした経験を持つ人は多いのではないだろうか。

 

私たちは、自分が「話す」ことが相手を励ますことだと思いがちだ。

 

しかし、「聞く」ことが最大の励ましになる場合もある。

 

ある医者が、心理学の面から「聞く」ことの重要性を語っていた。

 

過去のつらい記憶は「画像」のようなものであり、

 

なかなか心から消えない。

 

しかし、それを誰かに語ることによって、

 

記憶は「テキスト(文章)」へと変換されて軽くなる。

 

つまり、話を聞いてもらうことで心の重しが取れ、

 

生きる力が湧いてくるのだと。

 

「励ましの達人」と呼ばれる人に共通するのは

 

「聞き上手」であることだ。

 

「聞く」という行為には相手への「理解」と「共感」があり、

 

「尊敬」がある。

 

真の「優しさ」には、

 

相手の思いを真正面から受け止める人間としての強さと、

 

深き信念が必要だ。

 

 

 

今、中学生の生徒面談を実施中だ。

 

上手に「聞く」ことが私の課題だ。

 

本音の対話でなければ意味はない。

 

励ましの達人になりたいと心底思う。

前の記事

ジョブ・クラフティング

次の記事

立女形