前進

カメは、前にしか進むことができない。

 

ひざが前に曲がっているから後ろには進めないという。

 

「ウサギとカメ」の話では、

 

ウサギが昼寝をしたため、

 

カメが競走に勝ってしまう。

 

やはり、着実に歩みを進めた方が勝ちである。

 

カメのように小さな一歩であっても、

 

前に進む限り、

 

必ず目的地に到達することができる。

 

小さな一滴の水が落ち続ければ、

 

どんな硬い岩であったとしても穿たれる。

 

停滞さえなければ、前進はある。

 

そのためにも、勇気を出して一歩、

 

前へ踏み出していくことが大事になる。

 

 

中国の古典『菜根譚』にこうある。

 

「小事だからとて手ぬかりするようなことはなく、

 

人が見ていないからとて欺きかくすことはなく、

 

落ちめだからとて投げやりになることはない」。

 

地道な努力の積み重ねが、

 

その人の人生を決めていく。

 

たとえ人を欺けても、

 

自分を欺くことはできない。

 

 

仕事であれ、勉強であれ、

 

必ずゴールがあるもの。

 

ゴールに向かって、

 

今、何をなすべきかを考えるべきであろう。

 

そうすれば、きょう一日の行動が明確になる。

 

人生は、他人との競争ではない。

 

自分の弱さとの戦いである。

 

日々、新しい自分への挑戦だ。

 

着実な前進を刻む一日一日でありたい。

前の記事

怠るな

次の記事

ツバス