初心に立ち返る

「暮しの手帖」は創刊から73年を超える。

 

隔月発行だ。

 

最新号の2022年6―7月号の号数は「18」になっている。

暮しの手帖 第5世紀18号

 

これは初代編集長・花森安治氏の“初心に立ち返る”との考えによるもの。

 

最初の100号までを“1世紀”と数え、

 

その次の号を「第2世紀1号」とした。

 

そして今回は「第5世紀18号」。

 

読む方も、おのずと新鮮な気持ちになる。

 

花松氏は言った。

 

昨日そうしたから今日もそうする。

 

ひとがそうしているから、じぶんもそうする。

 

それはらくかもしれないが、それでは生きてゆく甲斐がないのである」。

 

自身もジャーナリストとして「死ぬまで〈修羅の巷のまっただなか〉でのたうちまわる」と思い定め、

 

信念のペンを振るい続けた。

 

新しいものを生み出そうとすれば、

 

苦労は多いが、その分、喜びも大きい。

 

「禍福はあざなえる縄のごとし」というが、

 

「苦労」と「喜び」も表裏をなすものだろう。

 

創造のための悩みや苦しみを避ければ、

 

価値あるものは生まれないし、喜びと充実もない。

 

 

 

 

 

もうすぐうちの塾も誕生から3年が経つ。

 

暮しの手帳のように

 

初心に立ち返るいい機会だ。

 

第4世紀を始める準備をしていこうと思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、話題は変わって面白いGIFの紹介。

 

わっはっは!

https://www.gif-vif.com/g/Kitty-thinks-Jerry-gonna-punch-him-next?fbrefresh=7&fbclid=IwAR3jkUSk7w8zzIE3_khLhtzOdxcjdjfFb-Ied6wW56wmnvm2YWlzVZTdBWw

コメントを残す

前の記事

良書の世界へ

次の記事

芸術作品