車のトランクの中から凧あげのたこがでてきた。

 

小学生の甥っ子と遊んだときのものだ。

 

そのときの様子が脳裏に浮かぶ。

 

たこがぐんぐんと天空を昇っていく様子。

 

ふと、ある詩の一節が思い浮かんだ。

 

「地上におれを縛りつける手があるから/おれは地球を吊りあげてゐる」

 

糸に操られてなどいない。

 

むしろ、地球を引っ張り上げているのだ。

 

たこの気持ちを代弁するような言葉に胸がすく。

 

 

 

 

 

物事は捉え方によって、

 

いかようにも価値を生み出せるのだ。

 

追い込み真っ最中の受験生たち。

 

今の状況も捉え方次第だ。

 

逃げ出したいと思うのか

 

それとも自己の成長の場ととらえるのか。

 

同じ受験であっても

 

人によって

 

真逆の価値観を持ったり

 

真逆の効果があるのは

 

受験をどう捉えて

 

受験をどう乗り越えていくのか

 

その違いだ。

 

どうせならば

 

自分が成長するできるように

 

捉えていこう。

 

そうでなければ

 

もったいない。

コメントを残す

前の記事

継続

次の記事

当事者意識