共に過ごす時間

霊長類の研究で知られる山極寿一氏が、

 

アフリカに滞在していた時のこと。

 

氏の家には、親しくなった現地の誰かしらが、

 

ひっきりなしにやってきた。

 

用事がある人もいれば、

 

ない人もいる。

 

彼らいわく、

 

“どうぞ自分の時間を使ってください”

 

との親愛の表現なのだという。

 

文化の違いと言えばそれまでだが、

 

誰かを大切にするとは、

 

“共に時間を過ごす”ことなのだと気付かされた。

 

日本では“自分の時間”を重視するあまり、

 

「誰かとの時間が極端に少なくなり、

 

みんながバラバラになってしまった」

 

と山極氏は指摘する。

 

 

学生時代の友情は一生ものである理由はここにある。

 

途方もないくらいの時間を

 

共に過ごすことで

 

ゆるぎない友情が育まれていく。

 

励ましの思いを言葉にする。言葉にならなくても、寄り添い、時間を分かち合うことで伝わる心もある。

 

他者に尽くす振る舞いの中で、自身の生命も磨かれ、自他共の成長の道が開かれていく。

前の記事

飴細工

次の記事

ボスとリーダー