公立高校の志願先変更

私立高校の1月の入試結果が出揃いはじめています。
残すところは公立高校入試という人もいるでしょう。
12月の進路希望調査の結果は
かなり多くの受験生が
そのまま初志貫徹することになるのでしょうが、
悩んでいる人もいるでしょう。
悩んでいる人にアドバイスをします。
悩んでいるのならば、
一番行きたい学校に出願するべきです。
そのうえで、倍率をみたうえで
志願先変更をするかどうかを
検討すればいいと思います。
志願先変更とは、
1回だけ志願先を変更できるというものです。
ただし、志願先変更と言うのは志願していた高校に一度行き、
書類等を受け取ってから志願する高校へ行く必要があるなど、
少しだけ手間がかかります。
 
志願先変更期間も出願と同じく
2日間用意されています。
初日の朝一番で行くのは
おススメしません。
出願先の高校も、
変更しようと考えてる高校も、
どちらも電話すれば
そのときの志願者数を教えてくれます。
それをもとに判断すればいいのです。
2日目は午前中のみですが、
私は2日目でもいいと思います。
ただし、迅速に動くこと、
高校への電話確認を忘れないようにしましょう。

次の記事

AIと英会話