全部いっしょに受け止めるから

中3の進路に関して

 

保護者面談を実施。

 

様々な選択肢や可能性を語り合いました。

 

本命の公立、チャレンジ私立、抑えの私立などなど。

 

 

 

授業後に話をしたのは別の受験生。

 

高校はもちろん、大学も、職業も自分で選んでいる。

 

あとはやるだけ。

 

いろいろな不安や焦りがある時期。

 

話してみてすっきりしたと思う。

 

人間、時にはガス抜きも必要だ。

 

受験生本人だけでなく保護者だってそう。

 

 

 

 

自らの意志で決めた志望校だって

 

心の底からあこがれている志望校だって

 

時には

 

揺らぎそうなことだってある。

 

 

 

 

大丈夫。

 

そんな時には

 

揺れるな!って

 

自分を信じろ!って

 

喝を入れてあげよう。

 

 

一生懸命やっていたって

 

いや

 

一生懸命やっているからこそ

 

不安や愚痴がでてくるんだ。

 

そんなのは

 

外に吐き出してしまえばいい

 

 

 

 

 

 

私は

 

現在の成績で受かりそうな学校をおススメすることはしない。

 

手の届きようのない夢を追いかけさせることもしたくない。

 

でも

 

何とか

 

何とか合格できそうな作戦を立て

 

何度も

 

何度も面談をし、

 

励まして

 

ギリギリまで粘りぬく

 

もちろん併願作戦もプランBもプランCもたてたうえで。

 

成長のドラマってそうやって生まれていくもの。

 

 

 

 

私の知っている必勝法

 

私が塾生に教えることのできる必勝法は

 

ただ一つ

 

それは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「努力」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前の記事

タイミング

次の記事

消費税