先人の跡を師とせず、先人の心を師とすべし

123年前、27歳の若さで

 

赤痢菌を発見した細菌学者の志賀潔博士。

 

ドイツに留学し、

 

世界初の結核治療ワクチンを発表するなど、

 

目覚ましい活躍だった。

 

現在の世界の様子を目の当たりにするならば

 

どのような反応をするのだろうか。

 

博士は後年、

 

大学の細菌学教室などから講演を依頼され、

 

各地を回った。

 

その際、求められ、

 

好んで記した言葉がある。

 

 

「先人の跡を師とせず、先人の心を師とすべし」

 

 

“先人の業績ばかりに目を向けるのではなく、

 

 

その心に目を向けよ”。

 

 

赤痢菌の発見も、

 

自身の栄達のためでなく、

 

病気で苦しむ人を救わんがために

 

研究し続けた成果であった。

 

 

自分の学問を通じて、

 

人類の福祉に貢献する

 

 

これが博士の信念だった。

 

 

英知を磨くのは何のためなのか、

 

今自分自身に問いかけてみてはいかがだろうか。

 

 

前の記事

勉強し続けるという才能

次の記事

田植え