何時間勉強すればいいか?

「何時間勉強すればいいですか?」

 

とよく聞かれます。

 

この質問に対して、

 

正解できる先生は一人もいません。

 

 

たとえば

 

ある学校の合格者たちを考えてみます。

 

全員が合格ラインをしっかりと越えて合格を勝ち取りました。

 

一定の学力以上はみんなが備えているということです。

 

でも、受験の合格者たちの学力差はとても大きいです。

 

これは例外なくどの学校でも言えることです。

 

 

開成中高の柳沢校長は

 

「開成に入学する生徒は「神童」と呼ばれる子も少なくない。

 

だけど、彼らも最初の学内の試験で

 

「上には上がいる」ということを痛感させられます。」

 

と言っています。

 

活動時間を最大限勉強に活用しても

 

勝てないことだってあるのです。

 

 

 

何より大事なことは、

 

勉強ができるようになりたいと

 

本気で思うこと。

 

そのうえで、手応えを感じ、

 

結果を出すまでは粘り強く続けていくことです。

 

 

前の記事

中3勉強会終了

次の記事

驚く